全兵士の飲酒を全面禁止

 在日米軍司令部が、沖縄のアメリカ軍人に対して基地と住居以外への立ち入りを禁止、また日本に駐留する全てのアメリカ軍人に対して基地内外でのアルコールの購入と摂取を禁止する命令を出しました。

 新たな通知が出るまで有効で、即時発効する命令で、在日米軍司令部がツイッターの公式アカウントでも発表しています。原因は19日に発生した、海兵隊員が起こした飲酒運転による死亡事故。

 海兵隊に所属する上等兵が運転する軍用2トントラックが国道58号の泊交差点で、那覇市宇栄原の男性(61)の運転する軽トラックと衝突。男性は搬送先の病院で死亡し、上等兵の呼気からは、基準値の約3倍(酒気帯び相当)のアルコールが検出されたと言うものです。

 飲酒運転ではなく、酒気帯び運転だったそうですが、死亡事故を起こしたのはまずかったですね。今年2月にも、やはり海兵隊の上等兵の男性が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されています。こえでまた、一部のマスコミや日米同盟に反対する勢力は鬼の首を取ったように騒ぐでしょう。

上野動物園のパンダ、5年ぶりに出産

 上野動物園(東京都台東区)で飼育しているメスのジャイアントパンダ「シンシン」(11歳)が、12日午前11時52分頃に赤ちゃん1頭を出産しました。性別は不明です。

 2月27日に、シンシンはリーリー(オス11歳)との交尾行動が確認され、東京都は食欲の低下や4カ所の乳頭が目立つ等妊娠の兆候があると発表、25日から公開が中止されていました。

 リーリーとシンシンは2011年に中国から来園。2012年には、同動物園では初となる自然交配による赤ちゃんが誕生しましたが、生後6日で肺炎により急死。2013年にも交尾が確認されたものの、偽妊娠でした。今回の妊娠は5年ぶりで、同園として5例目です。

 小池都知事は都庁で記者団の質問に答え、「喜んでいる。これから名前を募集するのでいい名前を考えてください」と述べました。

 そう、前回の出産では生後6日で死んでしまい、日本中がガッカリしたものです。今回は無事育ってくれれば良いのですが。

KDDIがビッグローブ買収を発表

 KDDIの12月8日発表によると、インターネットサービスプロバイダの「ビッグローブ」を約800億円で買収。2017年1月末を目途に完全子会社化する予定だそうです。

 ビッグローブは1996年、日本電気(NEC)が運営していたインターネットサービスプロバイダであるmesh、パソコン通信サービスであるPC-VANとコンテンツ配信サービスであるCyber Plazaを統合してサービス開始。その後、インターネットの普及に伴い2006年に分離・独立、NECビッグローブ株式会社となりました。2014年に日本産業パートナーズに買収され、ビッグローブ株式会社に社名変更しています。

 固定インタネット回線、モバイル回線、ポータルサイト、クラウドホスティングの提供を行っており、2016年9月時点のネット接続サービス会員は200万人以上で、OCN、ぷららに次いで国内第3位。KDDIはビッグローブの買収で事業拡大を図る狙いです。