PIP創業者を国際手配

 国際刑事警察機構(ICPO)の23日発表によると、フランス企業ポリ・アンプラン・プロテーズ(PIP)社の創業者ジャンクロード・マス容疑者(72)を国際手配したそうです。

 ポリ・アンプラン・プロテーズは、欠陥のある豊胸バッグを製造、販売。世界65カ国で、豊胸手術を受けた女性の胸に危険なシリコーン入り豊胸バッグが埋め込まれた恐れがあります。

 テレビのニュースでも見ましたが、中米コスタリカから「生命と健康」を害したとして手配の要請があったのだそうです。

 問題となった製品は医療用ではなく、工業用シリコーンを使った違法な製品で、体内で破裂する恐れがあるとしてフランス保健省は国内3万人に除去手術を勧告したばかり。イギリスではそれを上回る4万2000人が問題の製品を埋め込まれたとみられ、南米にも多数の対象者が存在すると言うのだから、恐ろしい話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です