韓国国防省、謝罪を要求。

 韓国海軍の駆逐艦が、日本の排他的経済水域内上空で哨戒任務中だった海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国国防省は「威嚇的な低空飛行をした」として、謝罪を要求しました。

 この問題、昨年12月20日に日本海の能登半島沖、日本の排他的経済水域内で哨戒任務に就いていた海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から数回、数分間に渡って火器管制レーダーの照射を受けたものです。

 火器管制レーダーは広範囲を索敵するレーダーと違い、ミサイルなどで標的を攻撃するのに必要な距離や方角と言った情報を得るためのレーダーで、攻撃の前段階に使われます。後は発射スイッチを押せばミサイルが発射される状態で、このレーダーを使用すると言う事は攻撃する意思の表明と取られても仕方がありません。

 日本政府は直ちに韓国側に抗議、レーダーを使用した意図の説明と再発防止を求めましたが、韓国側の説明は二転三転。24日に日本外務省のアジア大洋州局長がソウル(韓国)の大韓民国外交部を訪れた際には、レーダー照射の事実を否定。

 28日に防衛省がP1の撮影した動画を公開すると激しく反発、客観的な証拠では無いとして改めてレーダー波の照射を否定していました。

 そして、年が明けてとうとうP1の飛行に問題がある、と言い出して謝罪を要求する有様です。もし韓国国防省の主張通りP1が異常接近したのなら、その場で駆逐艦が無線で問い合わせなり警告なりするべきなんですが、実際に無線で問いあわせたのはP1の方で、しかも韓国側は当初「悪天候で聞こえなかった」と言い訳して動画公開後は「英語の発音が悪くて聞き取れなかった」と、また説明が一転。

 完全な逆ギレ対応を始めた韓国側ですが、文在寅大統領の支持率が右肩下がりで、昨年末には遂に不支持率が逆転していますので、その対策として反日カードを切ってきたのかも知れません。韓国には良くあることなので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です