関電、過去最大の赤字

 関西電力の27日発表によると、2012年3月期の連結税引き後利益が過去最大となる2530億円の赤字(前期は1231億円の黒字)に陥る見通しだそうです。

 売上高は前期比1・5%増の2兆8100億円を見込んでいますが、関西電力が保有する原子力発電所11基がすべて運転を停止、代替となる火力発電用の燃料費が前期に比べて約4000億円増えたそうです。

 東京電力の福島第一原子力発電所の事故以降、日本中の原子力発電所が次々と停止、沖縄電力以外の電力会社が経営危機です。中でも関西電力は原子力発電の占める割合が最も高いため、特に状況は深刻です。

 普通の企業は一気に経費が4000億円増えたりはしないものです。例え合理化をするとしても、1ヶ月や2ヶ月で出来ることではありません。それ以上に深刻な問題は、この夏の電力が足りるのかどうか、と言う事です。他の電力会社から調達するにしても限度がありますし、冷夏ならまだしも、猛暑になったらどうなることか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です