住居侵入容疑で精神科医を逮捕

 神奈川県警宮前署は23日、住居侵入の疑いで、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(横浜市旭区)の精神科医で、川崎市宮前区鷺沼の小島和晃容疑者(30)を逮捕しました。

 発表によると、小島容疑者は20日午後5時45分頃、川崎市宮前区土橋のマンションに、予備校生の少女(18)の後を付けてマンション内に侵入した疑いがもたれています。小島容疑者は、取り調べに対して「盗撮目的で侵入した」と話し、容疑を認めていると言う事です。

 少女がエレベーターに乗った際に小島容疑者も一緒に乗り、背後で不審な動きを見せたため、少女が母親に相談。通報を受けた同署員がエレベーター内の防犯カメラを調べたところ、小島容疑者がカメラ付き携帯電話で、少女のスカートの中を盗撮している様子が映っていたそうです。同署は県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いでも捜査しています。

 精神科医が盗撮とは。そりゃ医者だって人間でしょうが、もう少し自分をコントロールできなかったのでしょうか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です