パイオニア、2200人削減へ

 パイオニアの16日発表によると、来年3月までにグループ従業員の10%に相当する約2200人の人員削減をそうです。

 小谷進社長はこの日の事業方針説明会で、「盤石な経営基盤を確立する必要がある。パイオニアが大きく変わる最後のチャンス」と述べ、ダンス音楽で使うDJ機器事業を売却し、AV(音響・映像)機器事業をオンキヨーと統合、希望退職の実施を発表したものです。また、これに合わせて国内拠点の再編や、シャープ株や不動産の売却も進めるとしています。

 DJ機器事業は米投資ファンドのKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)に約590億円で売却。ブルーレイディスク(BD)プレーヤーなどAVやヘッドホン事業については、オンキヨーと来年3月までに統合することで基本合意しています。
 ただ、DJ機器の開発や製造を行う事業会社はKKRが新設する持ち株会社の傘下に入りますが、持ち株会社にはパイオニアも一部出資し、ブランドは存続させると言う事です。

 パイオニアもジリ貧ですね、昔パイオニアのLDプレーヤーとか使っていた頃が懐かしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です