巨人、高橋由伸に監督要請

 プロ野球の東京読売巨人軍は20日、今シーズン限りで退任した原辰徳前監督(57)の後任として、高橋由伸外野手(40)に来季の監督就任を要請しました。

 高橋外野手は「来季に向けて選手として気持ちを切り替えていたので、驚いている」としながら「大変光栄な話。しっかり考えて、一日も早く答えを出したい」と語っています。

 引退もしていない現役の選手に監督の就任要請というのは極めて異例です。最近では中日ドラゴンズの谷繁監督が、少し前にはヤクルト・スワローズで古田敦也監督が選手と兼任していた例はありますが、巨人では初めてではないでしょうか?。ただし、高橋外野手は「受けるなら兼任(監督)ということはない。両立は難しい」と、受諾する場合は現役を引退する考えを表明しています。

 原監督の退任も驚きましたが、高橋外野手への就任依頼は更に驚きました。一部では球団OBで野球評論家の江川卓氏や、川相昌弘ヘッドコーチの昇格も報道されていましたが、まさか現役の選手に白羽の矢を立てるとは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です