新潮社に賠償命令

 週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、日本サッカー協会と川淵三郎名誉会長(75)、犬飼基昭前会長(69)が新潮社に計3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、川淵名誉会長らの訴えを認め週刊新潮に対して、川淵名誉会長ら2人に計275万円を支払うよう命じました。ただし、日本サッカー協会の請求は棄却されています。

 問題となったのは、2009年11月26日号の記事。「犬飼氏が川淵氏を追い落とそうとしている」「川淵氏は協会に居座りたいだけ」など、川淵名誉会長が日本サッカー協会を私物化し、当時の犬飼会長と対立を深めているなどとする内容でした。相沢哲裁判長は判決で、「記事の内容は裏付けを伴わず、単なるうわさの域にとどまる」と真実性を否定。名誉毀損(きそん)の成立を認めたものです。

 週刊新潮編集部は「主張の一部が認められず、残念。判決文を精査して今後の対応を決めたい」とコメントしています。

住居侵入容疑で精神科医を逮捕

 神奈川県警宮前署は23日、住居侵入の疑いで、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(横浜市旭区)の精神科医で、川崎市宮前区鷺沼の小島和晃容疑者(30)を逮捕しました。

 発表によると、小島容疑者は20日午後5時45分頃、川崎市宮前区土橋のマンションに、予備校生の少女(18)の後を付けてマンション内に侵入した疑いがもたれています。小島容疑者は、取り調べに対して「盗撮目的で侵入した」と話し、容疑を認めていると言う事です。

 少女がエレベーターに乗った際に小島容疑者も一緒に乗り、背後で不審な動きを見せたため、少女が母親に相談。通報を受けた同署員がエレベーター内の防犯カメラを調べたところ、小島容疑者がカメラ付き携帯電話で、少女のスカートの中を盗撮している様子が映っていたそうです。同署は県迷惑行為防止条例違反(盗撮)の疑いでも捜査しています。

 精神科医が盗撮とは。そりゃ医者だって人間でしょうが、もう少し自分をコントロールできなかったのでしょうか?。