韓国国防省、謝罪を要求。

 韓国海軍の駆逐艦が、日本の排他的経済水域内上空で哨戒任務中だった海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題で、韓国国防省は「威嚇的な低空飛行をした」として、謝罪を要求しました。

 この問題、昨年12月20日に日本海の能登半島沖、日本の排他的経済水域内で哨戒任務に就いていた海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から数回、数分間に渡って火器管制レーダーの照射を受けたものです。

 火器管制レーダーは広範囲を索敵するレーダーと違い、ミサイルなどで標的を攻撃するのに必要な距離や方角と言った情報を得るためのレーダーで、攻撃の前段階に使われます。後は発射スイッチを押せばミサイルが発射される状態で、このレーダーを使用すると言う事は攻撃する意思の表明と取られても仕方がありません。

 日本政府は直ちに韓国側に抗議、レーダーを使用した意図の説明と再発防止を求めましたが、韓国側の説明は二転三転。24日に日本外務省のアジア大洋州局長がソウル(韓国)の大韓民国外交部を訪れた際には、レーダー照射の事実を否定。

 28日に防衛省がP1の撮影した動画を公開すると激しく反発、客観的な証拠では無いとして改めてレーダー波の照射を否定していました。

 そして、年が明けてとうとうP1の飛行に問題がある、と言い出して謝罪を要求する有様です。もし韓国国防省の主張通りP1が異常接近したのなら、その場で駆逐艦が無線で問い合わせなり警告なりするべきなんですが、実際に無線で問いあわせたのはP1の方で、しかも韓国側は当初「悪天候で聞こえなかった」と言い訳して動画公開後は「英語の発音が悪くて聞き取れなかった」と、また説明が一転。

 完全な逆ギレ対応を始めた韓国側ですが、文在寅大統領の支持率が右肩下がりで、昨年末には遂に不支持率が逆転していますので、その対策として反日カードを切ってきたのかも知れません。韓国には良くあることなので。

抜け毛が改善された体験談

“ 31歳のパート従業員です。30歳のときに、睡眠不足と暴飲暴食がキッカケで抜け毛が増えてしまいました。

 問題の食べていた物はというと、カップラーメンやチョコ、アイス等といったカロリーの高い物ばかりです。抜け毛が増えるだけでなく体重まで増えてしまい、イイ事ナシ。

 なぜ暴飲暴食を続けてしまったかというと、ストレス発散のためです。たくさん食べることでスッキリできるので、カロリーは気にせず食べていましたが、今振り返ると恥ずかしいです。でも、まさか抜け毛が増えていると思っていなかったので、現実を受け入れる事が直ぐには出来ませんでした。

 睡眠不足についてですが、睡眠は7~8時間以上とればいいと言われていますが、私は毎日5時間ほどしかとれていませんでした。気付いたときにはもう手遅れだったので、自分が情けないと思いました。後悔をキッカケに、抜け毛を予防することを決心しました。

 自分はまだ30歳なのに、髪質に悩みを抱えるのは年齢的に早すぎると感じました。なので、髪質を今すぐ改善させないと将来が不安で仕方なくなりました。そこでまず、睡眠不足を解消しつつ、食生活の見直しを考えてみることにしました。

 生活習慣を改善した年齢は30です。カロリーの高いものをなるべく控えるようにして、毎日野菜を食べるようにしました。野菜は、ブロッコリーやレタス、トマト等を食べていました。

 インターネットで調べてみたところ、ビタミンを補給することで抜け毛の改善に繋がることを知りました。そこで、ビタミンのサプリメントを購入して、ほぼ毎日飲むようにしました。ビタミンが多く含まれる食べ物は、かぼちゃであることが分かったので、なるべくかぼちゃも食べるようにしました。

 そうして、生活習慣を改善する生活を続けていくと、早速効果が表れました。抜け毛が少なくったのと、フケも少なくなりました。生活習慣を改善してから抜け毛が改善するまでの期間は、約1年です。約1年で効果を実感できたのは、自分としては結構早い方だと思います。

 自分は年齢が若くはないので、改善されるまで期間がもっとかかると思っていました。もう抜け毛のことで悩まなくて済むんだなと思うと、清々しい気持ちになります。抜け毛が少なくなったおかけで、以前よりも自分に自信がつきました。

 抜け毛が減っても、油断は禁物です。これからも、自分の髪を汚さないためにも、生活習慣を改善する生活を続けていきたいです。

 更年期 抜け毛

全兵士の飲酒を全面禁止

 在日米軍司令部が、沖縄のアメリカ軍人に対して基地と住居以外への立ち入りを禁止、また日本に駐留する全てのアメリカ軍人に対して基地内外でのアルコールの購入と摂取を禁止する命令を出しました。

 新たな通知が出るまで有効で、即時発効する命令で、在日米軍司令部がツイッターの公式アカウントでも発表しています。原因は19日に発生した、海兵隊員が起こした飲酒運転による死亡事故。

 海兵隊に所属する上等兵が運転する軍用2トントラックが国道58号の泊交差点で、那覇市宇栄原の男性(61)の運転する軽トラックと衝突。男性は搬送先の病院で死亡し、上等兵の呼気からは、基準値の約3倍(酒気帯び相当)のアルコールが検出されたと言うものです。

 飲酒運転ではなく、酒気帯び運転だったそうですが、死亡事故を起こしたのはまずかったですね。今年2月にも、やはり海兵隊の上等兵の男性が酒気帯び運転の現行犯で逮捕されています。こえでまた、一部のマスコミや日米同盟に反対する勢力は鬼の首を取ったように騒ぐでしょう。