センター問題冊子持ち出し

 大学入試センターの20日発表によると、長崎市の活水女子大学で19日に行われたセンター試験の「地理歴史、公民」の試験を途中退室した同市内の女子受験生(19)が問題冊子を持ち出し、試験時間中に予備校関係者に渡していたそうです。

 この女子受験生は19日の試験開始から約30分後の午前10時過ぎ、「退室したい」と監督者に伝えて退室し、持ち出した問題冊子を同大の門近くで待ち合わせていた予備校関係者に渡したそうです。
 センターによると、問題冊子が試験中に外部に持ち出されたのは初めての事で、今の所インターネットなどへの流出は確認されていないとしています。

 監督者は女子受験生が退室した数分後、机の上に問題冊子がないことに気づいたという事ですが、その場で確認するのが基本でしょう。お粗末な対応と言わざるを得ません。そしてもう一つ、問題冊子を受け取った予備校関係者の、その校名を公表すべきです。こう言うものは一罰百戒、公表して社会の批判に晒されることが予防に繋がります。