優勝セールで景品表示法違反の恐れ

 プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの優勝を受けて、親会社であるインターネットショッピングモールの「楽天市場」で「日本一大セール」が開催されていますが、その中で割り引き率を過大に見せる悪質な例があったことが7日に判明したそうです。

 利用者などから指摘を受け、運営する楽天が調査を始めたと言う事ですが、シュークリーム1個当たりの通常価格を「1200円」とし、これを260円で売ることで、77%割引を演出していたそうで、景品表示法に違反する恐れがあります。

 セールは3日夜から7日午前2時まで開催され、星野仙一監督の背番号にちなんだ「77%割引」が目玉商品でした。中には星野仙一監督の名前にちなんで、ルビー(9・22カラット)を10個のダイヤ(計2・97カラット)で縁取った定価2000万円の指輪を、1001万円で販売した所もありました。ちなみにこの指輪、5日に売れたそうです。

 77%引きセールにするため、定価を過大に表示していたようです。だいたい1個1200円のシュークリームってどんなでしょう?。