祈りで視力が改善?

 インディアナ大学(アメリカ)の研究チームが発表した研究結果によると、目や耳が不自由な人が複数の人に祈ってもらった場合、視力や聴力の改善に効果があったそうです。

 祈りの対象となる人がいる場所で、1人もしくはそれ以上の人たちが祈る「PIP (proximal intercessory prayer、近接仲介祈とう)」と呼ばれる方法で祈り、多くの場合、祈る側の人たちは対象者に物理的に触れる状態で祈ったという事です。

 これは、インディアナ大学で宗教学を教えるキャンディー・ギュンサー・ブラウン博士がアフリカ南部のモザンビークの奥地で行った実験の結果で、参加して祈ってもらった人の聴力や視力の改善に「著しい効果」があったといいます。

 発表によれば、難聴者14人と弱視者11人に行った実験で、「難聴者のうち11人の18の耳で聴力が著しく向上」したという事です。難聴者のうち2人はそれまでより50デシベル小さい音が聞こえるようになり、また視力の改善も認められ、弱視者のうち3人は0.05以下だった視力が0.25まで上がったという。

 検証されたのは、あくまで祈りによる臨床作用であり、どのような理由で症状が改善するかというメカニズムは不明です。もう殆どオカルトですね、メカニズムが不明なのも当然でしょう。検証の地域が限定されすぎているし、人数も少なすぎます。まあ宗教学者の実験であり、科学的な実験ではありませんから。