新潮社に賠償命令

 週刊新潮の記事で名誉を傷つけられたとして、日本サッカー協会と川淵三郎名誉会長(75)、犬飼基昭前会長(69)が新潮社に計3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は29日、川淵名誉会長らの訴えを認め週刊新潮に対して、川淵名誉会長ら2人に計275万円を支払うよう命じました。ただし、日本サッカー協会の請求は棄却されています。

 問題となったのは、2009年11月26日号の記事。「犬飼氏が川淵氏を追い落とそうとしている」「川淵氏は協会に居座りたいだけ」など、川淵名誉会長が日本サッカー協会を私物化し、当時の犬飼会長と対立を深めているなどとする内容でした。相沢哲裁判長は判決で、「記事の内容は裏付けを伴わず、単なるうわさの域にとどまる」と真実性を否定。名誉毀損(きそん)の成立を認めたものです。

 週刊新潮編集部は「主張の一部が認められず、残念。判決文を精査して今後の対応を決めたい」とコメントしています。