初の海外衛星搭載H2A、18日に打ち上げへ

 海外からの初受注となる韓国の衛星を搭載したH2Aロケット21号機が、18日未明、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられます。

 海外衛星の打ち上げは、日本の宇宙関係者にとって長年の悲願ででした。成功すれば、世界の衛星打ち上げ市場にアピール出来ます。種子島では韓国からの訪問客を歓迎するムードも高まっているそうです。
 打ち上げを担当する三菱重工業が初受注したのは、韓国の多目的実用衛星「KOMPSAT―3(愛称・アリラン3号)」。光学カメラを搭載し、地図作りや環境、農業などに役立つ高解像度の画像を撮影する事が出来ます。

 H2Aの打ち上げは、2003年の6号機失敗以降14回連続で成功しており、成功率は信頼性の目安とされる95%に達しています。ただし、欧州やロシアのロケットに比べて打ち上げコストが割高で、衛星打ち上げビジネスの面では大きく水をあけられたままでした。今回初めて海外からの衛星打ち上げを受注したことが突破口になれば良いのですが。